2008年08月12日

アサシンクローの時速

 ふと気になったので、計算してみました。

アサシンクロー

 拳/爪の攻撃距離は通常2.50です。

 さてさっそく困りました。
 単位が書いてありません。
 2.5mなのか2.5hPaなのが2.5GHzなのか。

 このゲームのことだから2.5金ということも考えられます。

 でも、スキルの説明とかだと単位がメートルなので、きっと武器の攻撃距離もメートルなのでしょう。

 とりあえず、自分の腕を伸ばしてみて、2.5m先のものを殴れるか考えてみました。

 ウソだ、拳の攻撃が2.5mも届くとかあり得ない。
 気の力とかそんなの?

 話が進まないので、拳/爪は2.5m先の物体に攻撃できるとしておきましょう。

 たとえば拳/爪で攻撃速度3.33次/秒なら、約0.3秒(1秒÷3.33)で2.5m移動する何かを放ってるわけで、その秒速は2.5m x 3.33で8.325mとなります。

 時速に直すと、秒速8.325m x 60秒 x 60分 ÷ 1000(1km は1000m)で29.97km/h。

 プロボクサーのパンチの時速が30km/hだと、どっかで見た気がします。

 つまり3.33次/秒は、プロボクサーなみの攻撃速度ということに。

 なんか、たいしたことないですね。

 プロボクサーがたいしたことないって意味じゃないですよ。

 ここはヒールを履いたまま10秒で50m走れる(戦士の初期移動速度が5.0m/秒)人たちの世界なんです。
 そんな超人的な身体能力の人たちが、レグルの力とかアスラの力とか攻撃速度-0.1とか込みで、実在の人たち以下ってどうなのと。

 野球とか全然くわしくないですが、イチロー選手のスイングスピードが158m/hらしいです。

 イチロー氏が魔元爆発すれば、スイングスピードは197.5km/h。
 バットも棍棒の一種なので、斧槌の攻撃距離3.50を適用。
 197500m/h ÷ 60分 ÷ 60秒 ÷ 3.5m = 15.67次/秒。

 さすが世界レベルのトッププレイヤーは違いますね。
posted by 麻姑 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

精錬とかの効率

 とりあえず表。

精錬表

 1金750K、精錬石LV1が50銀、符文がひとつ200kという条件。

 11階級の重装備を+5から+6に精錬するばあい、48.75Mのコイン(6500円相当)を必要とし、HP1の値段(単価)は677Kコイン(90円相当)ということになります。

 単価が安ければ安いほど、精錬の効率が高いということになります。

 今のわたしを例に出します。

現在の装備
   頭:階級11重装 +5 リバイアヘルム(90黄昏黄金)
  上:階級12重装 +7 レグルアーマー(99黄昏黄金)
  下:階級12重装 +6 レグルアーマー(99黄昏黄金)
  腕:階級12軽装 +5 アスラアーム(99黄昏黄金)
  足:階級12軽装 +4 アスラブーツ(99黄昏黄金)
 マント:階級12軽装 +5 エブリマウントのマント(96黄金) 

今後の効率のいい精錬の仕方
 1.アスラブーツを+4から+5(23M \3000、HP単価469k \63)。
 2.リバイアヘルムを+4から+5(49M \6500、HP単価677k \90)。
3.レグルアーマー・下を+6から+7(81M \10750、HP単価761k \101)
4.アスラ手足・マントを+5から+6(各49M \6500、HP単価826k \110)
5.レグル上下を+7から+8(各152M \20250、HP単価1.1M \110)

 絶対的な価格で考えた場合、3と4が入れ替わることも考えられますが、効率でいえばこの順番です。

 さて、最近ウワサのソケット拡張について考えます。
 わたしの場合、兜とマントは4ソケなので、12階級の上下手足を拡張することになります。

 上下手足はどれも2ソケ。
 これを3ソケにするには600の符文が必要です。

 符文1枚200kで考えた場合、3ソケにして8ctのアンバーをはめると、125M \16611(HP単価2.5M \332)。
 9ctだとと、143M \19053(HP単価2.3M \307)。

 効率でいうとレグルの上下どちらかを+10にしたほうが安かったりします。

 現実問題、わたしの経済力で+10精錬とかはありえません。
 ということはソケットを増やすこともありえません。

 さらにアサシンクローについて考えてみます。

 わたしのアサシンクローは1ソケですが、これを2ソケにする場合は符文8000枚。
 +11から+12にするときの1/4以下の効率です。
 あほかと。

 ちなみにスタールビーが200Mで買えたとして、現在の9ctの石を入れ替えると、効率的には+10以上+11以下という感じ。
 もちろん、スタールビーが200で買えるかなんて知りません。

 
 結論として、「効率なんか気にせず課金するぱんだ」ということらしいです。
 

posted by 麻姑 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

アサシンクロー

 ほんとは生産爪のほうのアサシンクローをつくって「アサシンクローができました」って記事にしようというウザいこと考えてたんですが、それを待たずに作れちゃいました。

アサシンクロー

ソケットについて


 当たり前の1ソケです。OPの体力も最低値の+16です。

 でも、でもさ!

キラーナックル

 この段階では2ソケだったのよ!
 ツイてるんだかツイてないんだがわからないというか間違いなくツイてないでしょ、これ。

使ってみた感想


 とにかく速いです。
 通常2.50次/秒、クラウディを入れて3.33次/秒、赤陣をもらっても3.33次/秒。
 そしてなんと、魔元を使うと3.33次/秒にもなります。

 全部3.33次/秒じゃん。
 今度の壁は3.33です。
 あと-0.10あれば(ry

 でも、自力で常に3.33次/秒の速度を保てるのはうれしい。
 どのくらい速いかというと、なんかモーションが追いついてないような気がするくらい速いです。

 魔転生でよかった。
 同じ装備の天転生でも赤陣もらえれば3.33が出るということには、気づかなかったことにします。

 1秒間に3.33回、相手を切り刻めるわけですよ。
 爪を手前に引き戻すときに、アサシンクローのフチのギザギサのところで傷口を広げる。
 傷がひどいことになって治りづらくなるけど、治る前に殺してあげるから安心してね。

 そんなことを考えながら切り刻むと、快感に背筋がゾクゾクします。

 ウソですよ。
 記事を面白おかしくするためにこんなコトいってるだけです。
 わたし、ホントは誰も傷つけたくないんです!

 なんにしても雑魚を殴るときでさえ、クラウディゲイルから入って、攻撃速度を上げて殴るクセがつきました。

 精錬については、ロックされてる心様の+7がロックのないアサシンにもってこれなかったので、普通に+7まで精錬しました。
 心様の精錬値はレグル上に。

 火力的に+6の段階で、+7の心様より強いというのがはっきりと体感できてます。

狂戦士がなくなったことについて


 壁のときに思ったのが、HPバーが動かなくなったということでしょうか。
 とくに3-1キーガが顕著。
 今まで回復がない分POTとか飲んでも護符回ることが多かったのに、アサシンクローだとHPがほとんど減りませんでした。
 これなら2-2サルとかで突然死とかなくなるのかも知れない。

 火力のときも青陣なしでメイン武器が使えるようになりました。
 まあこの辺は、虎さまのタゲ維持力次第かなぁ。

 安定した反面、瞬間的な最大火力は落ちてますね。
 魔元とストンプとドラゴンが重なって「16kでたー」とかがなくなったのはちょっと寂しいかな。
 総合的な火力はもちろん上がってます。

OPについて


 OPの蝕魂は、敵のHP上限を下げる効果があって、弓使いのフォローアローの劣化版といった感じです。
 ネット調査によると10%とのこと。

 単純計算で、ボスを倒す速度が10%アップします。

 そのままでも敵のHPが減る優れものなんだけど、10%っていえばおでんの雑魚がわくタイミングとだいたい同じ。
 ただ、一度OPが発動したら、別の武器に持ちかえるなどして、OPが切れるのを待たないとダメみたいです。
 そのまま殴ってると、OPが重なって入ってしまうので、なかなか雑魚が沸きません。

 ちょっとわかりにくいかな。

 仮におでんのHPが1000000だとします。ややこしいので殴りダメージとかは無視。
 何もしない状態で、現在HP/最大HPが1000000/1000000(100%)
 蝕魂が入ります。900000/900000(100%)

 このまま殴りつづけると、またすぐに蝕魂が発動してしまうので900000/900000(100%)のまま。
 武器を変えてしばらくすると蝕魂がきれて、900000/1000000(90%)になります。
 HPが90%になったので雑魚がわきます。

 その検証として、ヒールしてもらいながらおでんの雑魚だけ沸かせてきました。
 武器持ち替え作戦でおでんの雑魚がすぐに沸くのを確認。
 「ふたりで雑魚わかせちゃったよ」と大喜びで離脱。

 検証を手伝ってくれる仲間がいるということに幸せを感じました。


デザインについて


 まあその、アレです。
 かっこ悪いわけじゃないよ。
 いいや、かっこいい!

 でも、なんというかアレなのです。

 ただ、配色が暗い赤なので、赤い服しかもってない身としては合わせやすくて助かります。
 血の赤というか、血まみれになって酸化しちゃった赤というか。
 やっぱ武器はこうじゃなきゃ。

アサシンクロー3−1

 悪の組織の幹部の図。
 妖艶な笑みを浮かべて、爪についた血とか舐めちゃいたいです。



総評


 アサシンクロー気持ちいい。
 心様の手袋は持ち主の命を吸い取る魔拳って感じでしたが、アサシンクローは持ち主を誘惑する悪魔の爪って感じです。

 戦士はそもそもPTを底上げ/安定させるのが役割だと思うのです。
 ですが、この爪を装備するとどうなるか。
 とにかく敵を切り刻みたくなります。

 クリップの途中で罪もないMOBをとりあえず切り刻んでみたりとか。
 黄昏の途中で倒さなくてもいい雑魚を切り刻みに行ってみたりとか。

 辻斬りする人の気持ちが今まで以上に判るようになりました。
 
 この前、複数の敵がIncしたときに、ついつい魔元で一匹ずつ切り刻みたくなってしまい、範囲スキルを怠ったために、精霊様を殺してしまいました。
 これはやっちゃいけないことです。

 あとは火力枠で参加してるはずなのに、今まで以上に跳ねる跳ねないの限界点を探し出し、できる限り最速で切り刻めるポイントを見極めたくなります。

 人間(というか私)は勝手なもので、昔他のゲームでタンクをやってたときは、手加減できない火力職を心の奥で責めてたのに、自分がいざ火力職になると、跳ねる限界を見極めようとし始めます。
 それでちょくちょく跳ねさせるので、ヒーラー様には大迷惑。

 相手の立場に立ってみて、初めてわかることもあるということですね。
 そして気づいたときには手遅れだったりするのも人の世の常。

 この爪を装備した戦士は火力という美酒に酔いしれ、きっと回りに戦死様と呼ばれることでしょう。
 さらにこの爪を装備した20万名声鎧の弓に嫉妬することになるのです。

 それがわかっていながらも、とにかく今は切り刻みたいです。
 赤い爪でザクザクと敵の骨から肉を削ぎ落としたいです。
 略して赤ザク。

 ああ、ガンダムの話じゃないですよ。
 でもわたしだって、赤いザクが3倍速いってくらいの知ったかぶりはできるのです。

 速いってことはいいことですね。


posted by 麻姑 at 22:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

2.86の壁

 二次転生させてもらったので、狂クラウディゲイルを習得しました。
 これは拳系の範囲スキルであるとともに、15秒だけ攻撃速度を20%上げる効果があります。

   ついでに運命の残章の外れスキルのデーモンなんとかって剣のスキルも覚えたような気がします。
 よりによって一番いらないヤツが当たることないじゃんか。

 狂クラウディゲイルと魔元を併用すれば、かなり長い間、自力でも気持ちがいいスピードで殴れます。

 具体的に攻撃速度を表にしてみると

 通常攻撃クラウディ赤陣魔元
速度修正なしの拳2.002.502.502.86
-0.05 拳2.222.862.862.86

 -0.05拳はかなり昔に露店で見つけて5Mくらいで衝動買いしたものです。

−0.05生産拳

 自分で作ったものならなおさらいいのですが、攻撃速度マイナスなんて狙って出せるわけもなく...。

 93生産拳ですが、しょせんは☆がひとつの装備。
 攻撃速度を加味しても、豪武の手袋(80黄昏黄金拳)と同程度です。

 ただ、魔元を使わなくても秒間2.86発なのはすばらしく気持ちがいい。
 自分が壁じゃなく、虎の人のヘイト維持力が許す限り、しばらくはこれを使うことになりそう。

 で、表の話に戻ります。
 -0.05拳でも、速度修正のない拳でも、魔元の時は同じ2.86。
 どうもそこに壁があるようで。

 どうやら、あと-0.05あれば、つまり攻撃速度-0.10の拳/爪であれば、魔元で秒間3.33になるようです。
 あと-0.05のためには、現状で次の方法が考えられます。

  1.グロリアス(黄昏100拳)を入手。
  2.弓使いをつくってLV99まで上げて、レグル・アスラ・階級装備を用意する。
  3.アサシンクロー(85D伝説武器)を入手。
  4.-0.10以上の速度修正のついた拳(または爪)を生産する

 1は3-3なんてメッタにいくチャンスがないので、無理っぽいです。

 2は、弓使いの階級装備で-0.10のものがあるらしいですが、20万名声装備らしいです。

 3は王者の守護4つとかだしなぁ。

 4が現状でいちばん可能性があるけど、おいくらかかりますでしょうか。


 ちなみに攻撃速度-0.10のOPが3つ付いた97生産爪は、無精錬でも心様+12くらいの火力が出ます。
 今の防具と組み合わせれば、計算上で通常攻撃5.0とかです。

 夢、追ってみようかな...。



posted by 麻姑 at 02:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

減免率について

 ちょっと気になったので、減免率について調べてみました。

 まず、減免率とは何かという話から。
 敵から攻撃をもらったときに、そのダメージを何%軽減できるかという数値です。
 減免率が高いほど、受けるダメージが減ることになります。

 減免率は、物理防御と五行防御で別々に設定されており、受け側の防御力と攻め側のレベルで決定されます。

 減免率を求める計算式は
防御力 / (40×攻撃側のLV+防御力)
 らしいです。
防御力 /( 防御力 + 400 * (攻撃側のLV - 1) + 15.0)
 という説もありますが、たいして違わないので、計算が簡単な前者で考えます。

 受け側のレベルではなく、攻め側のレベルだけが関係するところに注目してください。
 つまり、LV100で物理防御20000のPCと、LV80で物理防御20000のPCの減免率はまったく同じになります。

 ステータス画面の物理防御や魔法防御の上にマウスカーソルを置いた時に減免率が出ますが、それはただの目安です。
 自分と同じレベルの敵から攻撃されたときの減免率が出てるだけです。

 対人とか、空から地上への攻撃とかだと、ほかにもいろいろややこしい補正がつくのですが、とりあえず今回は地上にいるMOBから地上で攻撃されたものとして考えます。

 たとえば、LV80の敵に対する物理防御20000のPCは
  防御力20000 / ( 40 * LV80 + 防御力20000)= 76%
 この敵の攻撃が減免率0%で5000ダメージだと仮定したとき、
  5000ダメージ * (100% - 76%) = 1212ダメージ。

 防具のOPでたまについてる物傷減免(正式名称が怪しい)+1%とかは、減免率を直接ふやすものではなく、最終的なダメージを減免するらしいです。
 何言ってるのかよくわかりませんね。

 上記の例だと、5000ダメージを76%減免した1212をさらに減免します。
 装備の物傷減免合計が5%だった場合、
  1212ダメージ * (100% - 5%) = 1151ダメージ

 この例だと、
  攻め:LV80の敵(減免率0%時のダメージ5000)
  受け:物理防御20000のPC(装備の物傷減免合計5%)
  ダメージ:1151
 こんな感じっぽいです。

 防御力が高くなればなるほど、減免率の伸びが少なくなっていきます。
 表にしてみると一目瞭然。

LV75の敵に対する防御力と減免率
防御力減免率 防御力減免率 防御 力減免率
100025%  1100079%   2100088%
200040%  1200080%   2200088%
300050%  1300081%   2300088%
400057%  1400082%   2400089%
500063%  1500083%   2500089%
600067%  1600084%   2600090%
700070%  1700085%   2700090%
800073%  1800086%   2800090%
900075%  1900086%   2900091%
1000077%  2000087%   3000091%
ついでに黄昏のボスなどLVが?の敵はLV150で計算されてるという噂です。
表にするとこんな感じ
LV150の敵に対する防御力と減免率
防御力減免率 防御力減免率 防御 力減免率
100014%  1100065%   2100078%
200025%  1200067%   2200079%
300033%  1300068%   2300079%
400040%  1400070%   2400080%
500045%  1500071%   2500081%
600050%  1600073%   2600081%
700054%  1700074%   2700082%
800057%  1800075%   2800082%
900060%  1900076%   2900083%
1000063%  2000077%   3000083%

 まとめると、
  ・攻撃を受ける側のレベルは関係ない(防御力依存)。
  ・防御力が高ければ減免率も高くなる。
  ・その気になれば精霊だって物理壁できる。
 要するにこういうことですね。



続きを読む
posted by 麻姑 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

剣についてだって考えちゃう

 さて、数字ばっかりで不評なこのシリーズ。
 今回は剣についてです。

 拳ときどき斧のわたしにとって、剣はサウザンソード発生装置です。

 

性能面について。


 サウザンソードという単発スキルのためにある武器なので、攻撃速度が遅くても一撃の強いモノが向いてます。

 

見た目について。


 単剣・単刀のモーションは左でサボってるみたいです。
 二刀流だと通常攻撃でもちゃんと仕事してるように見えます。

 よって、種別としては双剣・双刀。

 てか、99手ごろな双剣・双刀はないし、当面は今のままでいいや。

【生産剣】

 かわりと言っては何ですが、鋳具が安かったので槍も新調しました。

【ドラグーンランス】

 99黄金ドラグーンランス。
 見た目的には今まで使ってた90黄昏槍バサックランス(バッサクランスだったかも)の、光が黄色になっただけ。


 槍はほぼ趣味なんだけど、趣味だからこそ見た目楽しみだったのになぁ。

 ちなみにバサックランスを素材にする99黄昏槍シリアランスには、巨獣の溜息を使います。
 99黄昏黄金槍には幻境の主印2個。

 槍ってほんとに浮かばれない。






posted by 麻姑 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

斧についても考えてみる3

 3ヶ月近く前にはこんなこと言ってましたが、時がたてば人は変わります。

 おそらく障霹の双斧・暗は、すでに9ヶ月は使ってた武器です。
 見た目もかなり気に入っていました。

 新しい候補はこんな感じ
 参考に障霹の双斧・暗のデータも出しときます。

ダメージ OP
障霹の双斧・暗 80黄昏黄金 524〜1223 クリティカル+2% 物攻上限+118 HP+205
烈烽火の双斧 99黄昏黄金 646〜1508 クリティカル+3% 物攻上限+142 体力+17
妖族の双斧 99黄昏 646〜1508 クリティカル+2% 物理攻撃+84 力+17
獅子の双斧・鋼心 90黄昏黄金 582〜1358 狂戦士 物理攻撃+77 体力+14〜15
ドラゴンハンマー 97黄金 846〜1269 攻撃間隔 -0.10秒 命中 +198 敏捷 +12~13
重力の斧 98黄金 485〜1453 クリティカル+2% 物理攻撃+56 HP +185


これらを今まで使ってた障霹の双斧・暗と同じ+4まで精錬。
減免率0%、35%、75%の敵に対する、通常攻撃一回の攻撃あたりの期待値。
LV99 力300 クリティカル16% マスタリ10 狂戦士発動率15%で計算。



0% 35% 75%
障霹の双斧・暗 4381.81 2848.18 1095.45
烈烽火の双斧 5342.15 3472.40 1335.54
妖族の双斧 5520.98 3588.64 1380.25
獅子の双斧・鋼心 5550.99 3608.15 1387.75
ドラゴンハンマー 4829.54 3139.20 1207.39
重力の斧 5119.38 3327.60 1279.85



烈烽火の双斧

見た目は赤いスコップ。
かっこよくはないが、緑よりはマシ。
99黄昏黄金でありながら、ダメージ期待値は妖族の双斧(99黄昏)に劣る。

主原料である幻境の主印が、オークでひとつ80Mしました。
さようなら。


妖族の双斧

見た目は緑のスコップ。
候補の中でダントツでかっこ悪い

攻撃力は獅子の双斧・鋼心(狂戦士斧)肉薄。
候補の中でいちばん使いやすそう。

材料である巨獣の溜息が出回っていないため、作成困難。


獅子の双斧・鋼心

見た目はそれなりにかっこいい。

ダメージ期待値はいちばん高い。
ただ、90斧かつ狂戦士なので、今さら感がある。

そしてイビルソウル2個。
さようなら。


ドラゴンハンマー

OPが明らかに虎・斧戦士向け。
ハイブリッド斧拳戦士だと、命中はそれなりにあるのでもったいない。
候補の中では攻撃力は弱い部類。
斧で通常攻撃はめったにしないので、攻撃速度上昇も無意味。

でも候補の中でいちばん安い。


重力の斧

鋳具として秘材・九子精華を使用。
売ってるのみたことないし、それが出るクジも廃止。
ティアマト(フィールドにいるほう)を倒せば出るらしい。
さようなら。


そんなわけで、とりあえず繋ぎでドラゴンハンマーつかってます。

ドラゴンハンマー

 ハンマーに顔がついてて、敵に叩き付けるたびに口汚い悲鳴を上げそうな気がします。
「いでぇ! てめぇ、おいこら! やめやがれ!」とかそんな感じ。

 なんとか巨獣の溜息を手に入れて、妖族の双斧ほしいなぁ。
 でもがんばって作っても、しばらく使った後でまた見た目に関してウダウダ言い出す自分が見えます。



posted by 麻姑 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

力の話2

 梃子の原理(テコノゲンリ)というものがあります。
 力点とか作用点とか小難しい理屈によって、小さな力を大きな力に変える仕組みですね。

 ホースの先を潰すと、潰さないときに比べて水の勢いが強くなります。

 つまり、工夫次第で、小さな力を大きな力に出す方法はいくらでもあるわけです。

 ここまで話せば、この記事を読んでくれる聡明なあなたには、私が何を伝えたいかお分かりでしょう。

 完美世界における力というパラメータは、純粋な腕力を現すのではないのです。
 力の使い方といったものを含む、大きな力を生み出す能力を数値化したものなのです。

 ×力の値が高い人 = マッチョ
 ○力の値が高い人 = 何らかの手段により、効率的に大きな力学的エネルギーを生み出せる人

 もっと端的に言います。
 ×麻姑 = 怪力
 ○麻姑 = か弱く可憐ではあるものの、力の使い方に熟練した人



 前置きが長くなりましたが、力のパラメータを上げました。

【ここに変更前後のステータス載せるつもりだったけど、SS取り忘れてました】

 2−2雷虎で通常攻撃のダメージみてましたが、かなり強くなってました。
 普段700〜800だったものが800〜900出るようになってます。
 以前に比べて12〜14%の基礎ダメージ増加です。

 以前の平均ダメージが800、クリティカルが18%。
 現在の平均ダメージが900、クリティカルが16%。

 これで100回攻撃した時のダメージ期待値。
 以前 800 * 118 = 94400
 現在 900 * 116 = 104400

 概算で10%くらい期待値が増加しています。



 さて力が上がった副作用で、せっかく作った弓が使えなくなりました。
 これはかなり痛いかもしれない。

 とりあえず今は、7ヶ月以上前に買った生産弓を引っ張り出して使ってます。

 でも、光る弓がいいなぁ。
 黄金鋳具のクラウンボウは、銀令10に銅令50だってさ。

 お金に余裕ができたら自分で☆☆☆の弓でも作るか。
 いつ余裕ができるのさ。

 弓についてはこんな感じです。

 で、弓が使えなくなった分、斧はもっと強いのがもてるようになりました。
 というわけでそのうち斧のお話も。

 ちなみに、HPはまた減りました。
posted by 麻姑 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

胡散臭い拳ダメージ比較

 はい、皮算用です。
 現在使ってる心様と、自分が入手できそうな拳、興味本位で強さが知りたい拳について。

 一回の攻撃あたりのダメージ期待値を試算してみました。



参考
 心様の手袋(90黄昏黄金)
 豪武の手袋(80黄昏黄金)
 招来の手袋(90黄昏)
 ギガンドナックル(90黄昏)

手が届きそうなもの
 伝説の手袋(98黄金)
 マジカルナックル(99黄昏)
 シャッドナックル(99黄昏)
 四神の手袋(99黄昏黄金)

興味本位
 漆黒の手袋(75D)
 アサシンクロー(85D)
 クレストナックル(七賢)
 グロリアス(黄昏100)
 王者の手袋(20万名声)



カタログスペック
物理攻撃力OP
心様の手袋501〜554狂戦士、物攻上限+130、HP+225
豪武の手袋451〜498クリティカル+2%、物攻+70、体力+13
招来の手袋501〜554クリティカル+1%、物攻+77、敏捷+14
ギガンドナックル501〜554破釜沈舟、物理障害減免2%、体力+14
伝説の手袋551〜609クリティカル+1%、物攻+56、力+10〜11
マジカルナックル556〜615クリティカル+2%、命中+10%、回避+286
シャッドナックル556〜615信念、攻撃距離+1.00、HP+205
四神の手袋556〜615クリティカル+3%、物攻+84、体力+16
漆黒の手袋511〜565力+12, 攻撃間隔-0.05, 封印
アサシンクロー498〜673体力+16、攻撃間隔-0.1秒、蝕魂
クレストナックル576〜637断裂、クリティカル+4%
グロリアス643〜710クリティカル+4%、攻撃間隔-0.10秒、物攻上限+142
王者の手袋808〜893クリティカル+4%、物攻上限+130、力+14

狂戦士心様の手袋一定の確率で相手に2倍のダメージを与えるがHPを5%失う
破釜沈舟ギガンドナックル一定の確率で相手に打って5秒以内に気絶させて、同時に自分の身を10秒以内に固める
信念シャッドナックル一定の確率で自身のHPが5%回復するとともに物防と法防が増加する
封印漆黒の手袋一定の確率で相手を5秒間封印(攻撃不可)状態にする
蝕魂アサシンクロー一定の確率で相手のHP上限を低下させる
断裂クレストナックル一定の確率で5000ダメージ15秒間追撃


※2008/7/15訂正
 漆黒の手袋のOPは仇討(一定確率で、自身の最大HP値の5%を回復して、自身の物理攻撃を昇格させる)でした。


正しいかどうか微妙な表
計算に使ったワークシート
OpenOffice用
Excel用



計算条件
 比較する武器すべてを扱える条件としてLV100
 ナックルマスタリLV10(+60%)
 力は99重鎧が装備できる250
 武器をはずした時のクリティカル率は18%
 狂戦士発動率15%
 ()内はその武器の装備したときの攻撃速度



一撃あたりのダメージ期待値
敵減免0% 敵減免35% 敵減免75%
心様の手袋 3065.33 1992.46 766.33
豪武の手袋 2522.52 1639.64 630.63
招来の手袋 2715.30 1764.95 678.83
ギガンドナックル 2395.68 1557.19 598.92
伝説の手袋 2915.5 1895.08 728.88
マジカルナックル 2683.24 1744.11 670.81
シャッドナックル 2638.52 1715.04 659.63
四神の手袋 3037.62 1974.46 759.41
漆黒の手袋(1.82) 2752.88 1789.37 688.22
漆黒の手袋(2.22) 2828.65 1838.62 707.16
アサシンクロー(2.00) 3166.22 2058.05 791.56
アサシンクロー(2.50) 3298.15 2143.8 824.54
クレストナックル 2811.65 1827.57 702.91
グロリアス(2.00) 4048.3 2631.4 1012.08
グロリアス(2.50) 4216.98 2741.04 1054.25
王者の手袋 4158.64 2703.11 1039.66



備考など
・このデータを信用してはいけない(特に速度-が絡むあたり)。
・アサシンクローの蝕魂は計算に含んでいない。
・クレストナックルの断裂は計算に含んでいない。



個人的考察
 まず全体的に。

 物攻+や物攻上限+があるとダメージがかなり増加するようです。
 これは、同じ90黄昏である招来の手袋とギガンドナックルのダメージ差に顕著に出てます。

 とくに物攻+は精錬したのと同じ効果なわけで、運営様の課金して精錬しろというメッセージが聞こえてくるようです。

 それとは対照的にクリティカル2%程度では、それほどの差にならないみたいです。
 99黄昏拳(マジカルナックル、シャッドナックル)が、その例ですね。

 この例を見ると、天書をLV4からLV5の必殺シリーズにしてクリティカル1%増やしても、コストに見合った効果がなさそう。



 さて、個別に見ていきます。

 まず、手に入るはずもないグロリアスや王者の手袋は別次元ですね。
 ふーん、強いねって感じで次へ。

 アサシンクローは王者の守護を3つ使うだけのことはあって、さすがに強いです。

※2008/7/15訂正
 王者の守護4つでした。

 この記事を書いてる時点で、王者の守護は@200Mとか。
 「ムカデみたいな武器は嫌」という大義名分のもとに、これもまた「ふーん、強いね」で。

 伝説の手袋は、鋳具が500kで叩き売りされてたとは思えないほどの高性能ぶり。
 ただ、80黄昏拳と同じ装備グラフィックっぽいのが非常に残念。

※2008/7/15訂正
 80黄昏拳よりエフェクトがひと回り大きかったです。
 60黄昏拳とロイヤルナックルみたいな感じでした。

 意外だったのが、99黄昏拳(マジカルナックル、シャッドナックル)と漆黒の手袋。

※2008/7/15訂正
 漆黒の手袋についてはOPが間違っていました。
 よってかなり強いことが予想されます。

 とくにマジカルとシャッドは、招来の手袋(90黄昏拳)にさえダメージが劣ります。
 特殊効果のあるシャッドはともかく、マジカルナックルは1階級下の同系列の拳に勝てない不思議さがマジカルです。

 シャッドナックルの系統(ギガンドも含む)は、防御向きの拳っぽいです。
 信念で防御がどれだけあがるかは不明ですが、戦士壁の時には有効かも。
 この場合、信念が発動するまではシャッド、発動してからは別の強い拳というスイッチングで、攻撃力の低さを補うのがよさげ。

 七賢のクレストナックルですが、表の上では伝説の手袋よりダメージ低くなってます。
 ただし、断裂の効果がよくわからないので、評価しづらいです
 まあ、これも手に入れるの無理っぽいからどうでもいいや。

 そして四神の手袋。
 これ、狂戦士なしで心様と同じくらいのダメージが出ます。
 ちなみに今のわたしが狂戦士一回でがでると400近くHPが減ります。

 この武器、PT戦で(虎様によっては)常時使用可能な武器になりうるかもしれません。
 めったにしないソロでも、もちろんいい感じ。
 マコマコ団では戦士壁が多いわけですが、この武器なら精霊のお姉さま方も優しくしてくれそうです。

 ただ、心様は愛着がありすぎるので、そのへんは考えどころ。



 結論として、編集部イチオシは伝説の手袋。
 99になったときにお金持ちだったら、四神もお勧め。

 でもまあ、しつこいようだけど今回の試算は怪しいので、決して鵜呑みにしないでください。


暇な人のための計算方法解説
posted by 麻姑 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

斧についても考えてみる2

 さて、障霹の双斧・暗 vs アトモスの信憑性のない比較をします。

ダメージOP
障霹の双斧・暗524〜1233クリ+2%、物攻上限+118、HP+205
アトモスアックス467〜1088狂戦士、体力+10〜11、HP+185

 階級はともに10。
 精錬については、現実的な+5、ネタとして+12で考えてみます。
 障霹のほうは物攻上限+118により、無精錬で524〜1341として扱います。

 まずは武器攻撃力の期待値

無精錬
ダメージ期待値
障霹の双斧・暗524〜1341932.5
アトモスアックス467〜1088777.5


+5 精錬値 104
ダメージ期待値
障霹の双斧・暗 + 5628〜14451036.5
アトモスアックス + 5571〜1192881.5


+12 精錬値 675


ダメージ期待値
障霹の双斧・暗 + 121199〜20161607.5
アトモスアックス + 121142〜17631452.5


 LV97 力253 アックスマスタリ10の私が50%減免の敵を殴った場合は、

期待値計算式
障霹の双斧・暗約1691.983( 0.5 ) * ( 97 + 932.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )
アトモスアックス約1437.241( 0.5 ) * ( 97 + 777.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )


+5
期待値計算式
障霹の双斧・暗 + 5約1862.907( 0.5 ) * ( 97 + 1036.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )
アトモスアックス + 5約1608.165( 0.5 ) * ( 97 + 881.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )


+12
期待値計算式
障霹の双斧・暗 + 5約2801.346( 0.5 ) * ( 97 + 1607.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )
アトモスアックス + 5約2546.603( 0.5 ) * ( 97 + 1452.5 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6 )


 期待値にクリティカル率を加味してみると

期待値計算式
障霹の双斧・暗約2013.4601691.983 * 1.19
アトモスアックス約1681.5721437.241 * 1.17


+5
期待値計算式
障霹の双斧・暗 + 5約2216.8591862.907 * 1.19
アトモスアックス + 5約1881.5531608.165 * 1.17


+12
期待値計算式
障霹の双斧・暗 + 12約3333.6022801.346 * 1.19
アトモスアックス + 12約2979.5262546.603 * 1.17



 さて、問題は狂戦士の発動率です。
 体感で10%という曖昧な話から、OPの発動率は5%という眉唾な話もあります。

 しょうがないので仮の値でいくつか出してみます。
 アトモスの上記期待値 * (1 + n%)が、狂戦士発動率がn%と仮定した時のアトモスのダメージ期待値となりそうな気がします。

 それと障霹の双斧・暗の期待値を比較してみます。

無精錬 障霹の双斧・暗の期待値 約2013.460
狂戦士発動率
5%約1765.651
10%約1849.729
15%約1933.808
19%約2001.071
20%約2017.886


+5 障霹の双斧・暗の期待値 約2216.859
狂戦士発動率
5%約1975.631
10%約2069.708
15%約2163.786
17%約2201.417
18%約2220.233


+12 障霹の双斧・暗の期待値 約3333.602
狂戦士発動率
5%約3128.502
10%約3277.479
11%約3307.274
22%約3337.069


 意外な結果になりました。

 無精錬では狂戦士の発動率が20%以上ない限り、アトモスより障霹の双斧・暗のほうが強い?
 +5で18%、+12でも12%という結果です。

 結論としては、障霹の双斧・暗のほうがちょっぴり上ということですかね。

 てかこれ、ホントに計算あってる?

 なんかすごくウソ臭いので、どなたか間違いを指摘してください。

posted by 麻姑 at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

力の話

 ギルドの虎君が70になるまで、アトモスを借りられることになりました。
 すごいよ、これ2ソケだよ。

 で、アトモスと今使ってる障霹の双斧・暗、どっちが強いのというわけで、いろいろ調べてみました。

 そしたらね、気になることが。

 wikiのこのページの「ダメ算」のところ。
 79戦士:クラウディゲイルってところの式から、余計な部分を取り払ってシンプルにしてみると、

 物理ダメージ = ( 1 - 減免率 ) * ( LV + 装備物攻 ) * ( 1 + 力 / 150 + マスタリ補正)

 っぽいです。

 それはさておき、後ろのほうの( 1 + 力 / 150 )に注目。
 この計算式が正しければ、力299の人と力300の人では、与ダメージがガクッとかわることになります。

 うそです、間違いです。
 小数点考慮してませんでした。

 毎度のことですが、わたしの算数力を当てにできません。

 せっかくなので、ちょっと雰囲気的な皮算用してみます。

 まず、装備物攻について。
 狂戦士とか精錬値とか絡むと面倒なので、( LV + 装備物攻 )の部分は1000固定で計算します。

 マスタリ補正は0.6、敵の減免率は50%くらいで。

 上記の条件で、まずは現在の私のステータスでダメージ計算してみます。
 力253・敏捷242・クリティカル率18%。

 力253 / 150 = 約1.687
 ( 0.5 ) * ( インチキ固定値1000 ) * ( 1 + 1.687 + 0.6) = 1643.5
 1643.5 * 攻撃100回 * クリティカル率18% = 193933。

 心様の要求値まで敏捷を下げると、力315・敏捷180・クリティカル率15%。

 力315 / 150 = 2.1
 ( 0.5 ) * ( インチキ固定値1000 ) * ( 1 + 2.1 + 0.6) = 1850
 1850 * 攻撃100回 * クリティカル率15% = 212750。

 212750 / 193933 = 約1.10

 ステータスを力に振りなおせば、与ダメが1割くらいは上がりそうです。
 さらに(LVが上がれば)黄昏99斧が装備できるようになります。

 斧の攻撃力だけはかなり上昇しそうです。

 でもなぁ。
 その代償として弓が使えなくなるし、力300だとなんかマッチョっぽいし。

 力 < 敏捷な今のステータスは崩したくないところです。
posted by 麻姑 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

理想の体形

 ちょっと体形をいじりたくなって、エステに行きました。

 ついでにありえない体形とかにして、げらげら笑ってたわけですが、ふと気になったことがありました。

 完美のキャラの造形データはiniファイルに格納されています。
 たとえば高級エステ券でウエストを最大まで絞ると、[Body]セクションのwaistScaleのキーに90という数値が入るわけです。

 このファイルをテキストエディタとかで直接いじることで、高級エステ券の限界を超えたキャラが作れるわけです。

 で、有効な数値はいくつからいくつまでなのというお話です。

 そんなわけで実験してみました。
 結論からいうと255まで。
 内部では8ビット変数とかを使ってるっぽいです。

 左側がwaistScale = 0、breastScale = 255。
 左側がwaistScale = 0、breastScale = 256。

前から見た図
横から見た図

 まあ、いくらいじれるとは言っても、まじめに作ろうとするとiniいじらなくてもいい範囲で収まってしまうわけで。

 念のために言っとくけど、モデルは私じゃないからね!

posted by 麻姑 at 16:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

斧についても考えてみる

現在、障霹の双斧・暗(80黄昏黄金)を使用中。
見た目はかなり好きなんだけど、やっぱりそろそろ出力不足感が。

ただ、斧の難しいところは、要求される力なわけで。
90黄昏斧使うには、あと30必要。
これにはふたつの問題点があります。

・ステータス的観点。
 体力削ればHPが450ダウン。
 敏捷削れば、クリティカル2%ダウンで弓がもてなくなる。
・イメージ的観点。
 マッチョは嫌。
 この前も天書を敏・体から力・体にして、素の力を極力減らした。

むしろ力増やすよりも敏捷増やしたいくらいです。

いまさらアトモスもどうかと思うし、今の斧を地味に精錬かなぁ。
レベル80のころからの長い付き合いだしねぇ。
posted by 麻姑 at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

拳について考えてみる

今メイン拳として使ってる心様はクセがありすぎなわけで。
自分が壁のときには精霊様ごめんなさいと思いつつも、狂戦士の魔力に酔い痴れる日々。

そんなわけでサブ拳として、80黄昏黄金拳(豪武の手袋)を使うことも多いんだけど、これはそろそろ出力不足。

メイン拳はLV99とかの気の長いお話だけど、サブ拳は今の問題。

まず、メインの拳について。

1.心様をこのまま使用。
 ・HPの減らない通常火力としてのサブ拳が別途必要。
 ・他の99黄昏拳の方が、実は強いかもしれない。
 ・でも好き。

2.クレストナックル(七賢)を作る
 無理でしょ。

3.アサシンクロー(85D伝説爪)を作る
 もっと無理でしょ。
 作れたところで、見た目に耐えられそうもない。

4.グロリアス(黄昏最強拳)を作る
 書いてみただけです。

5.王者の手袋(名声20万)
 言論の自由とかそんなレベルで書いてみただけです。

6.四神の手袋(99黄昏黄金拳)
 素材の相場とかまるで見当つかず(きっとベラボウに高い)。
 同じ完全な石属性なので、そのまま心様の精錬値を移せるのが強み。

7.マジカルナックル(99黄昏拳)
 このチープな魔女っ子ぽい名前にかなり惹かれる。
 でもこれ心様とどっちが強いの?

思いついたのは、こんなところ。
でも、心様にはそうとうな思い入れがあるんだよねぇ。

まだ転生する前、Worshipにいたころの話です。
当時、おでんはわたしたちにとってすごく特別な存在でした。
倒すだけでも大変って感じで。

たまたまギルドメンバーだけで倒したときに、イビルソウルがぽろっと。
しかも2個。
たぶん、初めて見たイビルソウルだったかもしれない。

おでんが強化されたばっかのころで、相場は@100M以上。
それをギルド価格@50Mで譲ってもらえるというありがたいことになって。

もう未亡人生活一ヶ月だから書いちゃってもいいよね。
ええい、書いてしまえ。

実はそのとき20Mちょいしかなかったのね。
それで8割方を旦那に出しもらったりして...。

今だから言うけど、当時はなんか貢がせちゃった気がして、ちょっと悩んでたりもしてた。
ゲームのお金とはいえ、大金だからねぇ。

でも、それが90までレベル上げることへの強い目標になって。
めんどくさがりのわたしがレベル上げ一生懸命やりだして。
それでもたまにサボるから、旦那に範囲狩りに連れ出されたりとかして。

で、90になって、心様つけてベール着て、旦那とペアダンジョン。
75Dソロとか、89仙とか、51Dとか。

そういうときだけ、着たきりスズメで同じ服をずっと着てた旦那が、結婚のときのスーツ着てくれて。

いやまあ、「イビルソウルを旦那に買わせた悪い女です心様はベールと並んで結婚生活の象徴でした」って書けば、一行で済むことなんだけどさ。

とまあ、心様はそんな思い出の武器なんで、99になってもそのままメインで使いたいとか思ってたりします。

結論がこれじゃただの思い出しノロケ記事だし、わたしは過去にすがって生きるような弱い女じゃないという設定なので、しょうがないからサブ拳について書きます。

1.90黄昏拳(招来の手袋あたり)を作る

2.残像の手袋(93拳)を自作してみる。

3.98までガマンする。
 a.捨て値で買った伝説の手袋(98神兵)をサブ拳に。
 b.アサシンクロー(98爪)を自作。
  デザインどうなの?
4.引退するまでガマンする。
 たぶん無理。

なんか、ただの蛇足になってしまった。
posted by 麻姑 at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

さてどうしましょ

廃人と言われない程度に精錬し、クジで値崩れしたアンバーをもらったり買い漁ったりして、防具変更で減らしたHPが元の値を超えました。

レベルもいつの間にか96。
そろそろ99に向けていろいろ準備しといたほうがいいのかな。

とはいえ、99以上の装備のグラフィックがわからないことには、どうにもなりません。
今まで使ってたヴィオもけっこう辛かったし。
最後のほうは開き直って、ヴィオ表示して戦ってたりしてたけど。

「武具は性能で選んでファッションで隠せばいいじゃん」

それじゃよくないから、玄冥の鎧に必死だったわけです。

この上の防具といえばレグル。
レグルが白ってのはフレの虎さんのを見て知ってるんだけどねぇ。
自分が着たときに白いだけのウィオだったら目も当てられない。

そもそも手に入るの? って疑問が。
攻撃速度減るのとかすごいんだけどねぇ。
posted by 麻姑 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

赤陣 VS 魔元 2

 気持ちいいかどうかではなく、効率で考えてみます。

 赤陣は魔元を上書きします。
 両方が重なれば、こんなすばらしいことはないのですが、残念ながらどっちか片方を選択することになります。

 でも、あらかじめ言っときますよ。

 わたしは算数できない子でした。
 しかも、かなり大雑把な性格です。

 今回のお話は、検証というより「だいたいこんな感じじゃない?」くらいのいい加減な話です。
 決して鵜呑みにしないでください。



 幸い、とある精霊さまの協力で、データが取れました。
 2-2恭二氏(雷虎)を相手にしたとき、私が与える単発ダメージ。

  通常 約800。
  赤陣 約950。
  魔元 約1900。

 数値に約なんてついてるのがアレですが、こんな感じです。
 画面の数字を見たら、クリティカルも狂戦士も発動していないダメージの平均が、たいたいこのくらいでした。

 次に攻撃速度。

  通常 秒間1.67回 0.6秒ごとに攻撃
  赤陣 秒間2.00回 0.5秒ごとに攻撃
  魔元 秒間2.22回 0.45秒ごとに攻撃

 攻撃速度と単発ダメージから導き出した秒間ダメージ。

  通常  800 x 1.67 = 秒間1336ダメージ
  赤陣  950 x 2.00 = 秒間1900ダメージ
  魔元 1900 x 2.22 = 秒間4218ダメージ


 瞬発力では圧倒的に魔元の勝利でしょう。
 ただし、魔元が元気を3つ消費する上に15秒しか続きません。
 長い目で見たら、赤陣のほうがダメージでるかもしれません。

 そこでまた、算数的に怪しげなデータを出します。

 一回攻撃すると、元気は4貯まります。
 魔元発動中に貯まる元気は132。
  秒間2.22回 x 15秒 = 33.3回攻撃(端数切捨てで33回)
  4 x 33回 = 132

 魔元を発動するために必要な元気は300で、残り168を通常攻撃で稼ぐ必要があります。
  300 − 132 = 168

 元気168を稼ぐためには42回殴る必要があります。
  168 ÷ 4 = 42

 42回殴るためには26秒かかります。
  42回 ÷ 1.67回(秒間攻撃回数) = 25.150

 さらに魔元発動時の無敵時間3秒は何もできません。
 よって、魔元1サイクルは44秒となります。
  3(赤く光る) + 15秒(あたしTUEEEEEEEE) + 26秒(貯める) = 44秒

 この44秒で魔元と赤陣のダメージ量を比較すると

  赤陣 秒間ダメージ1900 x 44秒 = 83,600ダメージ。

  魔元
   (秒間ダメージ4218 x 魔元15秒 = 63,270ダメージ。)
   (秒間ダメージ1336 x 元気貯め26秒 = 34,736ダメージ。)
   63,270 + 34,736= 98,006ダメージ。

 この時点での差は14406ダメージ。

 しかし、赤陣の時には手付かずの元気が352あります。
  4 x 秒間2.0回 x 44秒 = 352

 352という数値は貯まるというだけで、使う時間のこと、その元気を使ったスキルで貯まる元気のことは考慮していません。

 ダメージという観点で考えれば、ドラゴンバーストを使うのがいちばんよさそうです。

 もう計算が面倒になってきたので、根拠のない思い込みで話します。

 戦士単体の火力で見た場合、ドラゴンバーストで14kの差を埋めるのは難しいように思えます。
 ただ、PT全体の火力を6秒間2倍になるので、それを含めて考えれば14kくらいは軽くひっくり返すでしょう。
 ですが、壁がドラゴンバーストすれば、他のダメージディーラーにMobが跳ねる可能性が高まります。

 さて結論が出ましたね。
 効率面を突き詰めた場合、赤陣がどうこう言う前に、戦士で壁なんかするなということになりました。
posted by 麻姑 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

赤陣 VS 魔元

 いまさらここに書くまでもなく、このところ戦士壁が多いです。
 壁は虎さんがいいに決まってるわけですが、いないものは仕方がないので。

 戦士壁の時は、ヘイト維持という大義名分の下、気持ちいいから魔元爆発。
 妖精さんからもらえる元気も、ほぼ快楽のため魔元に費やします。

 そんなとき、精霊さんが好意で赤陣を唱えてくれることがあります。

 魔転生拳戦士壁の時に赤陣があったほうがいいの?
 これが今回のテーマです。

 一般に論文とかそんなのには、はじめのほうと終わりのほうだけ読んどけばだいたい理解できるという法則があります。
 これは、3Dダンジョンは左手を壁につけて移動すれば抜けられるという、フレミングの左手の法則と同じくらい信用できる法則です。

 そんなわけで、途中のグダグタしたまこまこしい長文を読むのが面倒な人は、最後だけ見てください。
 そこに結果が載ってます。

 さて、まず赤陣ですが、wikiから抜き出した情報によると、

  物理攻撃力+100%、攻撃速度+20%

 だそうで。

 次に魔元爆発。
 魔転生の人が使える、真元爆発の上位版です。

  武器攻撃力500%、攻撃速度+25%、15秒間

 です。

 パーセントで言われたって、どっちが強いかわかりません。

 まずはわたしの攻撃速度の数値を出して見ます。

  通常 秒間1.67回 0.6秒ごとに攻撃
  赤陣 秒間2.00回 0.5秒ごとに攻撃
  魔元 秒間2.22回 0.45秒ごとに攻撃

 やっぱり数値じゃわかりません。

 そこで、こんなの用意してみました。

 AtkSpeed.zip

 起動したらエディットボックスに、
  1.67
  2.00
  2.22
 を入力して、変更を押してみてください。

 それぞれの攻撃速度がわかると思います。

 ちなみにゴレは秒間0.6回、1.67秒ごとに攻撃っぽいです。

 ダウンロードとか面倒な場合は
  通常 : ぺちぺち
  赤陣 : ひゅいーん どかとかどか
  魔元 : ひゅいいいん ぱきゃどきゃぐしゃべしゃ
 ぐらいの感じだと思っといてください。

 さて、結論が出ました。
 赤陣のほうが速くて気持ちいいです。

posted by 麻姑 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 胡散臭い考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする